FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryレイアウト

長街駅レイアウト、あるいは電鉄ビル

trackback0  comment1
ぬすまれた過去を探して見知らぬ町をさまようのはキリコですが、消え行く過去を探して見知らぬ町をさまようのが俺です。
などと酔っぱらいながらカッケーことをいった気になってみる秋の夜更け。

SDIM0355_convert_20111009223919.jpg

レイアウトの配線をちょっと変更。全然変わった気もしますが。
真ん中のエンドレスは始発駅兼途中駅。
ここの引上げ線から電車は出発。
外エンドレスを何周か回ったら内エンドレスに入って途中駅。
また出発して外エンドレスを何周か回って右上に外付けした終着駅モジュールに到着。
…という感じでなんちゃってポイントtoポイントで遊べるカタチにしてみました。

さて駅はどうしましょうか。
やはり私鉄の始発駅なら百貨店を兼ねた駅ビルの中から出発するのが燃えるわけでして。
阪急旧三宮駅とか大好きなんですが、関東だとあんまり思い浮かばないんですよね。
京急原理主義組織ダァシエリエスのシンパとしては上大岡駅風なのも捨てがたいですが、ここは東武浅草駅風味でも上げてみようかと。

SDIM0324_convert_20111009234955.jpg

東武浅草駅  DP2 iso100 1/200 f6.3

…この日は天気が悪かったので写真のほうもね、と言い訳をしてみるほどヘタクソな写真ですな。

古い駅ビルから新型の電車が発車する様はなかなかいいものですな。
そんなわけで東武浅草駅は好きな駅なのですよ。
もっとも正面左右はだいぶ前(3~40年前?)にナウいヤングにもウケるように装飾されちゃったり、近々全面改装も予定されてるようなのでこの写真みたいに時代を感じる(ほぼ)原型部分も見納めになるのでしょうかねえ。

SDIM0345_convert_20111009223010.jpg

そんなわけで(どんなわけだか)王電ビル+東武浅草駅風なフインキで駅でも作ってみようかなあ、と考えてみる秋の夜更け。
スポンサーサイト
categoryカメラ

でまあ、DP2など。

trackback0  comment0
また明日から仕事と思うと憂鬱な今日この頃。
おまけに相棒のSRXが入院中ともなると出かけるのも嫌になります。
いっそさぼるか……

それはとにかく、今日も今日とて架鉄関係なしにDP2ですw
架鉄用の写真も撮っては来たんだけどね。

レンズは35mm換算で40mmというほぼ標準レンズ。
そりゃズームレンズの方がいろいろ便利だけれども、

「漢は黙って単焦点標準レンズ」

なオイラにはありがたい画角。
いやただ単に貧乏なもんで銀塩コンパクトカメラのジャンク物ばっか使ってたもんで、体が標準レンズになれてるおいらには違和感がないだけなんですけどね。

SDIM0070_convert_20110817232935.jpg

東武亀戸線曳舟駅 8000系2R車

どんなにいいカメラでもオイラが撮るもんなんてこういう形式写真ばっかなんですけどね。
基本的にRAW撮りでSIGMA PHOTO PRO で現像してます。
補正はオート、色だけちょこっと直ししてるから手間はかかるけれども、それなりに色再現はいいんではないかと。

おいらが二番目にデジカメが嫌いな理由は「パープルフリンジ」なのですよ。
最近は出なくなってきたのがほとんどとはいえ、なんか気になるんですよ。
小さい画像だと目立たないけれども、でかくすると気になって気になって。
それで銀塩のポジの色の鮮やかさ、ネガでいいプリントが上がってきたときの色の鮮やかさと比べちゃうと……となるんですよ。

でまあ、DP2。
買う前にいろいろ作例見ていい感じだったのと、実際いじくってみて使いモンになる、て感触は得られた訳でして。
まあそういう意味では技術は日々進歩してるなあ、と2年前のデジカメで今更思う今日のこのごろ。

SDIM0092_convert_20110818000911.jpg

この橋の質感がね……
categoryカメラ

シグマDP2こうてもうた。

trackback0  comment0
あいかわらず絶賛放置中なわけですが、架鉄のネタはあるけどその前にカメラのこと。

前から気になっていた初代シグマDP2かってしまいますた。中古だけど。
銀塩原理主義な俺なんでデジカメに完全移行することはまずないと思いますが、やはりちょっと撮るぐらいならデジカメの便利さは無視できません。
とはいえデジカメの生み出す画像にがっかりしたことが多すぎるので、ちょっとしたものでもハーフカメラのオリンパスペンの方がマシだと思ってしまうのですよ。
まあこのへんは感覚の問題なんですけどね。
そりゃ高い一眼デジカメなら満足のいく色で撮れるかもしれませんが、あくまで記録用でスナップを撮るのが好きな俺は銀塩もデジカメもコンパクトカメラ好きなのでいまさら一眼なんて仰々しいものは持ちたくないのです。
もっともそんな偉そうなことを言ってる割にはろくなもん撮ってませんが。

グダグダ前口上はこの辺で、なんとなく色の出方が気になっていたシグマDP2を買ってみました。
新型のDP2Xが出たばっかですが、まずは「みせてもらおう。FOVIONの性能とやらを」というわけで中古で初代DP2です。
気に入ったらDP1Xを追加ということで。

SDIM0022_convert_20110817003821.jpg

これぐらいの色がでてくれれば十分です。
デジカメでよくある変な偽色だのノイズだの、ISO100で撮ったとはいえほとんどでていないのは今まで買ったコンデジでははじめてかも。
DPシリーズで良く言われるAFやらカキコミの遅さやらも、そもそも全部マニュアルなカメラで育った俺には無問題。

とはいえ、色問題はないといわないわけで。

SDIM0015_convert_20110817004014.jpg

肝心の電車を撮る時にテールランプが色飽和おこしてますな。
これはいただけません。
車体の色艶、空気、立体感をよくとらえているいるだけにこれはちょっと考えもの。
まあそれでもコンパクトデジカメとしてはよくできた色再現性だとは思いますけどね。
いままでコンデジを買ってはがっかりしてきただけに、これは戦力として考えていいかもしれません。
もっともRAW撮りしかしてないし、それが前提なカメラな気もしますが。

SDIM0048_convert_20110817003939.jpg

まあ、気軽に使えて色でがっかりしないコンデジがあるというのはいいもので、銀塩の一発勝負、現像が帰ってきたときの鬱だ師のう率が低くなるのはいいことかもしれません。
もっとも銀塩の1本撮って一枚だけでも思っていた以上の出来、思わぬ色が出たときのキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!感はやっぱり捨てることは出来ないでしょうけどね。
いずれにせよ、初めて戦力になりうるコンデジをゲットできたのは良かった、といっていいでしょう。

最後に動画テスト。
上野駅を出発する寝台特急あけぼのです。
動画については……まあおまけ、緊急時の機能と割り切った方がいいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=6Lkn9CqbEGg
category今朝井電鉄

とある架空の田舎高速電車[インタアーバン]

trackback0  comment0
いきなり放置してみるところが俺らしいこのブログです。
それはとにかくミニレイアウトを作ってみてるワケですが、絶賛放置中というのはここだけの秘密。
なんで止まっているかって、めんどk……なかなか時間と建設予算が確保できないのもさることながら、イメージがイマヒトツ固まっていないというのが大きいのでは、と。
これはどんな地方をどんな電車がどんな物語を運んでいるのか。
今更あらためてTMS誌の諸先輩方の名作を列挙するまでもなく、俺が尊敬する作品には素晴しい物語をもった架空の鉄道がおおいわけで。
レイアウトは地方の旧型車メインでちょっと小洒落た特急が走ったりするインタアーバンという、俺の好きなシチュエーションでやりたいのだけれども、イメージが漠然としすぎてたのですよ.

なのでいいかげん放t……停滞していたレイアウト製作に本腰をいれるべく、この鉄道の物語をつくってみたのですよ。

今朝井電鉄路線図

”日付が変わるチョイト前。出発寸前に上野駅で飛び乗った夜行急行はとある地方の大都市・今朝井[けさい]に到着します。
寝ぼけ眼でまだ開店には時間が早すぎる駅前の地下のシャッター街をぬけるとささやかな改札がみえてきます。
薄暗く、古ぼけたモルタル作りの改札をぬけると、鮮やかな空色の電車が待っていました。
ここから40キロほど先の小都市、片倉までを結んでいるインタアーバン。
それが今朝井電鉄です…”

P1040748.jpg

とまあ、こんな感じでがんばっている地方電車なんてのをつくってみたのですが、いろいろ歴史とか電車とか設定を考えるのもまた楽しいわけで。
もっとも、設定を考えるに夢中になって肝心の模型製作が進まない、良くある本末転倒な話なのはいかがなものか。
categoryナレーション

今日は架空の鉄道へ出発します。

trackback0  comment0
釣掛電車も架空の世界では現役です

鉄道を趣味にしていれば、一度は空想の鉄道を考えたことがあるかもしれません。
鉄道を趣味にしていなくても、もしこの海岸を電車が走っていたら楽しいだろうな、そう考えたことはありませんか?

これから、とある田舎の海岸を走る空想の鉄道へ出発します。
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。